サイクリングもいいけどホノルルマラソンも気になる

ホノルルマラソンという大会を聞いたことがありますか?

毎年ハワイで開催される、とても大きな大会で、なんと毎年3万人規模のレースになるといわれているビッグイベントです。
しかも、ホノルルマラソンは参加者の半数近くが日本人のランナーという、すごい大会なんですよ。
実際初めてフルマラソンに参加するという方もとても多いといわれています。
主催が日本の企業のようですので、それも日本人が多い理由なのかもしれませんね。

初めて参加される方の多くはタイムを狙うというよりも、観光を目的にするという方が多く、のんびりと走りやすいのが特徴です。

せっかく参加するのだから頑張って完走したい。と思うかもしれませんが、フルマラソンは何の練習もなしに走れるほど簡単ではありません。
確かにオリンピック選手のように、命を削るような、限界を超えるほどの練習は不要ですが、体作りをしないとまず完走はできません。

なぜかというと、フルマラソンではスピードではなく「体を動かし続けられるかどうか」が重要なためです。
42.195キロもの距離を走り続けられる体にしなければ、体はついてこないんです。
い時間動かし続けられる体であれば、時間はかかっても完走はできるはずです。

フルマラソンを完走するための練習をする際には、スピードではなく時間を意識してみてください。
例えば練習回数を増やすなどです。
週に2回の練習を設けるとして、1回10分から20分のウォーキングやジョギングをするなどで、2回目は距離を決めてゆっくりと時間をかけて走ってみるなどです。

これは少しスローペースかもしれませんが、大事なことは長い時間体を動かし続けられるかどうかですので、是非とも意識してやってみてはどうでしょうか。