サイクルレースの有酸素運動について

「継続する」というのは、ダイエットをするときに一番の敵、壁になりますよね。
挑戦しては続けられないで失敗する・・・。この繰り返しになってしまうことは、よくありますよね。
退屈なメニューで飽きてしまうとか、定期的にジムに通うのが難しいとか、理由は人によってたくさんあると思います。
自分は特に、続けるのが難しいタイプでとても苦労しています。

自転車でダイエットをするときのポイントは、何よりも「ダイエットのための運動」以外にも目的を作れるということに尽きます。

例えば通勤や通学で使うのであれば、自然とほぼ毎日使うことになりますよね。
忘れることもありませんし、わざわざ時間を決める必要もありません。
それどころか乗る距離も正確に決まるので、自然と長く続けられるんですよ。

有酸素運動はもともと、1セットの時間も、期間も長く続けるのがとても大切です。
一般的に1セットは20分以上はやる必要があるといわれ、普通にやるのであれば非常にきついものがあると思います。
もちろんほぼ毎日やらなければなりません。
しかし、通勤や通学であれば、目的地に向かい、それから帰ってくるだけで済むんです。
周りの景色を楽しんだり、あえて遠回りをしたりして、気分転換も様々できますし、ストレスもかなり軽くなるはずです。
スポーツジムなどにある、固定されたエアロバイクを漕ぐのとは比べ物にならないほど便利ですよ。