サイクルレースには決戦ホイールで出る!

サイクルレースに出るのに、ホイールを代えてみた。

前から欲しかったフルクラムのクアトロカーボンにしたのです。

このホイールは、40ミリのリムハイトを持ち、ある程度の速度域を維持しやすくする、エアロ効果を簡単に体感できました。
クリンチャータイヤ専用レーシングクアトロ カーボンは40ミリのリムハイトですが、その重量はわずか1555グラムと、カーボンリムならではの軽量さで走りもキビキビと
いい感じです。
一般的に高いハイトなら横風の影響を受けやすく、よりシビアなハンドリングを求められますが、40ミリという高さはのぼりや平地など、コースの起伏を考えると最も扱いやすいリム高です。

う~んこれが、今か流行りのリム高か!という感じですね。

これは得にフルクラムだけでなくカンパニョーロでも言えます。

特にスチールスポークと組み合わせると、適度な剛性に加え、しなやかさを備えたカーボンホイールです。

幅は外から外が23ミリ、内から内が17ミリというC-17ワイドリムが採用されており、これによって同じタイヤでもリム幅が太いホイールを使用した場合、タイヤの変形が強く抑えられ、重量を軽くしながらも、太いタイヤを使っているのと同様のグリップ性能を得られます。
リム幅を太くするとエアロダイナミクスの性能が落ちますが、それ以上に横への剛性が高まり、慣性も良くなる効果が期待できます。

リムの本体はユニディレクショナルカーボンでできているみたいで、
リムサイドはブレーキ性能、耐久性をより高めた3kフィニッシュのカーボンだそうです。

ホイールの性能は十分だけど、私の脚でどこまで走れるか?というところですね。

 

マラソンでの体力作りについて考えてみた

マラソンに出るというとき、体作りや練習は絶対に欠かせないものです。
いつから始めるのが良いのかというと、個人の日々の運動量によって大きく差が出ます。

例えば日ごろから体を動かす仕事をしているのであれば、かなりの基礎代謝、体力があるでしょうし、全く運動していない方だと基礎的な練習、運動習慣をつけることから始めなければなりませんよね。

もし運動習慣がないというところで、マラソンに出るなどというときには、やはり体作りが何よりも先決です。
短時間のウォーキング、ジョギングから始めましょう。

実際のレースを想定した本格的な練習は、3か月前ぐらいにスタートするのがベストです。
ですので、半年や5か月ぐらい前から体作りをはじめ、体を慣らしておく必要があるんです。
練習の中で、徐々に運動強度を高めて行きましょう。

レースの3か月前の時期には、ある程度実戦に行けるぐらいの体になっておくと、とても良いと思います。

走りこむべき具体的な数字も、人によって変わります。
例えば月に300キロ以上も走りこんでいじめ抜く人もいれば、月に100キロ前後で大事にいたわりながら練習していく方もいます。

体や筋肉は回復するとはいえ、消耗品ですので、やみくもに距離を走ればいいというわけでもありません。
普段の生活リズムなどに合わせて決めたメニューを、適切にこなして、自分の目標にあった距離を走るのが重要ですよ。

もちろん、メンタル面のことも大切ですね。無理なく、続けることを目標にするのが良いと思いますよ。

サイクリングもいいけどホノルルマラソンも気になる

ホノルルマラソンという大会を聞いたことがありますか?

毎年ハワイで開催される、とても大きな大会で、なんと毎年3万人規模のレースになるといわれているビッグイベントです。
しかも、ホノルルマラソンは参加者の半数近くが日本人のランナーという、すごい大会なんですよ。
実際初めてフルマラソンに参加するという方もとても多いといわれています。
主催が日本の企業のようですので、それも日本人が多い理由なのかもしれませんね。

初めて参加される方の多くはタイムを狙うというよりも、観光を目的にするという方が多く、のんびりと走りやすいのが特徴です。

せっかく参加するのだから頑張って完走したい。と思うかもしれませんが、フルマラソンは何の練習もなしに走れるほど簡単ではありません。
確かにオリンピック選手のように、命を削るような、限界を超えるほどの練習は不要ですが、体作りをしないとまず完走はできません。

なぜかというと、フルマラソンではスピードではなく「体を動かし続けられるかどうか」が重要なためです。
42.195キロもの距離を走り続けられる体にしなければ、体はついてこないんです。
い時間動かし続けられる体であれば、時間はかかっても完走はできるはずです。

フルマラソンを完走するための練習をする際には、スピードではなく時間を意識してみてください。
例えば練習回数を増やすなどです。
週に2回の練習を設けるとして、1回10分から20分のウォーキングやジョギングをするなどで、2回目は距離を決めてゆっくりと時間をかけて走ってみるなどです。

これは少しスローペースかもしれませんが、大事なことは長い時間体を動かし続けられるかどうかですので、是非とも意識してやってみてはどうでしょうか。